スキップしてメイン コンテンツに移動

内阁購入した200件の防災設備が不明、金額64億4000万円

 日本会計検察の一项内部調査の結果、内阁で購入した200件余りの防災無線設備が不明、金額は64億4000万円(約4億3000万ウォン)。規定によって、国庫の機械設備を購入する場合、管理ツール登録しなければいけない。
 しかし、検察の調査結果、内閣府の50万円以上購入物品は2923件物の中で、価値ある9億5000万円余りの防災設備など200件余りの重要な物品がないことを判明した、「保管中」と「使用中」、しかし见つからないこれらの設備。検察は、犯罪事件ではなく、ただ廃棄された 場合は書面の記録ができていないだけ。

コメント

このブログの人気の投稿

インド首相モディ10日から12日に訪日、US2を12 機購入

インド首相モディ今月10日から12日に日本を訪問し、安倍首相との首脳会談、夕食会を催す予定です。インドが12機の日本海上自衛隊の「US2」12機を購入の決定。日印によって両国政府の合意では、日本政府のODA資金の支援を提供する方式でインドにUS2海上の救難機を輸出する。これもインド政府が日本政府の低金利で融資方式ある。




    インドは中国の海洋進出を受けて、インド洋のシーレーン(海上交通路)などでの防衛力強化を図っており、自衛隊のUS2やP3C哨戒機の導入を検討している。日本側も装備品の輸出を進めることで、インドとの安全保障協力を強化する狙いがある。

2016上半期、国際貿易が24,580億円黒字

日本財務省の統計の速報によると、2016前半期、日本の国際貿易が24,580億円の黒字。
財務省は円高により自動車と鉄類輸出に有利が、原油価格の下落、日本国際貿易の黒字が増えた。
黒字額は東日本大震災の影響が本格的に表れる前の10年度下半期(2兆6億円)を上回った。ただ輸出は減少しており、貿易黒字が続くかは見通せない。中国など新興国経済の減速を背景に輸出額は前年同期比9.9%減少し、リーマン・ショック後の09年度上半期以来7年ぶりの下落幅となった。

日経平均終値307円安、米将来金融政策に重大な変化

米大統領候補のトランプが当選の声が高まって、東京株式市場の日経平均株価指数は今日は17,000円台が破れてた。  市場関係者たちは、トランプはオバマ政府の金融政策を展開した現行の批判のため、もしトランプが大統領に当選すれば、米国の金融政策に重大な変化が起こるため、投資家らは、先行きが不安、東京証券市場の风潮が大量に売り。今日午前まで終え時、日経平均株価指数は前日の終値より下落し、2週間ぶり245円の 差値、17,000円 台を破れ、現在は16,888円になっている。