スキップしてメイン コンテンツに移動

内阁購入した200件の防災設備が不明、金額64億4000万円

 日本会計検察の一项内部調査の結果、内阁で購入した200件余りの防災無線設備が不明、金額は64億4000万円(約4億3000万ウォン)。規定によって、国庫の機械設備を購入する場合、管理ツール登録しなければいけない。
 しかし、検察の調査結果、内閣府の50万円以上購入物品は2923件物の中で、価値ある9億5000万円余りの防災設備など200件余りの重要な物品がないことを判明した、「保管中」と「使用中」、しかし见つからないこれらの設備。検察は、犯罪事件ではなく、ただ廃棄された 場合は書面の記録ができていないだけ。

コメント

このブログの人気の投稿

インド首相モディ10日から12日に訪日、US2を12 機購入

インド首相モディ今月10日から12日に日本を訪問し、安倍首相との首脳会談、夕食会を催す予定です。インドが12機の日本海上自衛隊の「US2」12機を購入の決定。日印によって両国政府の合意では、日本政府のODA資金の支援を提供する方式でインドにUS2海上の救難機を輸出する。これもインド政府が日本政府の低金利で融資方式ある。




    インドは中国の海洋進出を受けて、インド洋のシーレーン(海上交通路)などでの防衛力強化を図っており、自衛隊のUS2やP3C哨戒機の導入を検討している。日本側も装備品の輸出を進めることで、インドとの安全保障協力を強化する狙いがある。

2016年:日本税関が押収した偽造商品

日本財務省が今日発表した統計報告によると2016年に日本の税関が押収した知的財産権の侵害、偽造商品の内、91.9%は中国からきた。

  統計報告は、日本の税関が押収した偽物では2016年度は合計26034件、偽物はインターネットで販売してた、この数字は2015年に比べて11.1%減少したが、そのの内中国からの偽商品の総数の91.9%を占めた、7年連続9割を超えた。
  一方は香港から来たのは2.8%、韓国からのは1.6%。

日本がシリア米軍支持!中国、ロシア反発!化学兵器は許さない

中国のニュースによると、日本の安倍晋三首相は昨日の午後、シリアに対する米軍のミサイル攻撃について、日本政府は米政府の行動を支持している、これについて、中国が反発している。
安倍首相は『化学兵器の拡散と使用は绝対许さない、日本政府は米政府の支持を决意した』と「問題が深刻化を防ぐ」。